あなたに合ってる・・?今すぐ生命保険を見直そう!

生命保険を見直そう!

こんにちは、めぐみ(@megumi.kakei ) です!

皆さんは「生命保険」に入っていますか?
自分自身、家族に何かがあったときに大切な「生命保険」

今、入られている「生命保険」は本当に必要なものでしょうか?
保険会社の人に勧められて入ったけど、保障内容をよくわかってない。
せっかく入ったのに、必要なかった・・。と
そんな事にならないために、しっかりと理解しておきましょう。

そもそも、生命保険とは?

人の死亡または一定の年齢までの生存を条件として
一定の金額を支払うことを約束する保険のことです。

生命保険と言っても
大まかに分けて3種類の保険があります。

①定期保険

一定期間のみ死亡保障が行われるもので
基本的に掛け捨ての保険となります。
掛け捨てである分、保険料は安価となりますが
更新時には健康状態や年齢により
保険料が高くなる可能性があります。

定期保険は誰のための保険?残された家族のため

例えば・・
・葬儀やお墓の準備費用
・家族の引越等に一時的に発生する費用
・配偶者のこれからの生活費
・子供が独立するまでの生活費、教育費

など、残された家族のためにかける保険です。

②終身保険

保障期間に制限がないため
一生涯、死亡時に保険金が受け取れます。
保険料も一生涯変わらず、払込期間終了後も
必ず保険金が受け取ることができます。

また、終身保険は定期保険とは違って
解約時に解約返戻金が戻ります。
資金計画を立てることができますが
その分保険料は高くなります。

終身保険は誰のための保険?主に残された家族のため

例えば・・
・葬儀やお墓の準備費用
・家族の引越等に一時的に発生する費用
・配偶者のこれからの生活費

解約返戻金をもらう場合
・公的年金の不足分として
・子供や孫への学費として
・旅行資金として

など、主に残された家族のためにかける保険です。

定期保険との違いは
・一生涯保障が続くこと
・一生涯保険料が変わらないこと
・解約返戻金があること

となります。

③養老保険

保険期間内に死亡したときにも、満期まで生存したときにも
同じ額の保険金が支払われる生命保険のこと。
貯蓄性があるため、保険料はかなり高額なものが多い。

養老保険は誰のための保険?自分と家族のため

例えば・・
・公的年金の不足分として
・子供や孫への学費として
・旅行資金として
・生前贈与として

など、ご自身や家族のためにかける保険です。

その保険は誰のため?

保険に入るときに
まず、考えるべき事は

「誰のための生命保険なのか」

だということ。

それをハッキリさせることが
生命保険を選ぶ基準となるでしょう。

現時点で養う相手がいない独身の方は
お葬式にかかる費用だけで十分である場合がほとんど。
貯金とスキルアップのためにお金を使いましょう。

以前、我が家は母子家庭ということもあり
国の保障が手厚かったため
掛け捨てのお安い定期保険のみを掛けていました。

今は再婚し、生活スタイルが変わってきたので
見直しの時期となっています。

本当に必要かどうか、しっかりと考えて保険をかけましょう。

自分にとって必要な金額や必要な時期は人それぞれ違います。
じっくりと検討して、自分の意向に沿ったものを選ぶようにしましょう。

親身になってくれる保険会社を選びたいものですが
生命保険会社は契約を取るために、上手な営業をかけてきます。

勧誘にはくれぐれも気を付けて、流されないようにしてくださいね。
ネットでだいたいの金額も試算できますので
ぜひ利用してみてくださいね。

参考 ライフメット生命保険料の見積もり