中学生の家庭学習 ~塾なしでもぐんぐん伸びる勉強方法~

 

こちらの記事は

めぐ

・勉強方法が分からない。
・塾に通っているのに成績が上がらない。
・子どもへの勉強の指導方法に悩んでいる。
・高校受験を成功させたい。
そんな方に向けて書いています。


先日、インスタで掲載したPOSTにたくさんのコメント
DM、いいねをいただきまして、ありがとうございました。

インスタの記事はこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

* \ 我が家は塾なし高校受験しました / 長男は今年4月 秀才の集まるような難関校ではないですが 本人が希望していた高校に合格することができました! そんな我が家は「塾なし高校受験」です!

1年ほど前に掲載させていただいた 息子の成績がどのように変化していったかと
高校生になってからの成績を
ご覧いただければと思います。 1枚目のPICは長男の高校1年1学期末の 数学と社会の成績。
(まだ成績一覧が届いていません) 2枚目の中学3年生の1学期の期末試験 3枚目が中学3年生の3学期の中間試験の結果です。 子どもの能力というのは本当にすごいもので この1年間でこれだけの結果を出すことができる
能力を持った「怪物」なのです! そして継続することも可能です。 我が子が元々よくできる子ではない事は 1学期の期末テスト(2枚目PIC)の結果を 見ていただければ、分かると思いますが 見事に平均点以下を叩きだし 散々な結果でした・・。 30点台を2つも・・受験生とは思えぬ結果😨 しかしながら、数ヶ月で平均点を 超えられるようにまで成長しました😭 塾や家庭教師をつけたのでは? と思われるかもしれませんが 我が家の塾代、家庭教師代は0円です! 家庭教師や塾は一切なし。 私自身もたいした学歴ありませんw 普通の親から生まれた普通の子ですが 塾に行かなくとも これだけの結果を出すことが可能なのです! ちなみに、中学生の塾代は ひと月平均2万〜3万ほどと言われており なんと年間30万ぐらい! 夏期講習、冬季講習などを受けるとなると これに10万円〜15万ほどかかるそう! つまり、塾に通わずに家庭学習をさせることで 年間45万の節約になるわけです😂 3年間通わせると135万 2人だと270万 金額にすると、とんでもないですよね・・😰 塾にこれだけのお金を使うのならば 塾以外の習い事を習わせてあげる方が 有意義だと思います。 私の個人的な考えですが 小学生で中学受験を控えている子や 勉強が大好きな子以外は 塾に行く必要はないと思っています。
(好きな子はどんどん行かせてあげてください) 私も塾に通わせてもらっていた一人ですが 塾は、やる気のない子にとっては 「友達と会える場所」であって 本当に無意味なもので、私自身がそうでした😇 学力を向上させるためには 親の意識を変えることと、家庭学習だけで 十分、結果を出すことができます✨ ちなみに次男は中2で 兄貴と以前と同じ末路を辿っていますww そろそろ次男に手をかけ始めたので
次男の報告もまたさせていただきますね! #中学生 #受験 #試験 #勉強 #塾 #自宅学習 #教育費を節約 #塾なし高校受験 #塾代 #教育費 #節約 #家計簿 #お得 #家計簿 #貯金 #家計簿フォーマット #やりくり #我が家の教育費 #家庭学習 * * —— めぐみのポイ活 ————- 主人が以前に購入した 住んでない家のローン完済目指して 1年前からポイ活始めました! 不況の時代、収入の川が1つなのは危険!
安心を手に入れるには、自分の行動次第。 ポイ活は誰も損しないシステムで 早く始めた人からお得になれます♡
毎月5万円以上の収入も夢じゃない! おすすめポイントサイトは
@megumi.kakei のURLで紹介しています♡ ストーリーではリアルタイムで お得情報配信中! ポイ活について分からない、教えて欲しい
そんな方はDMくださいね。 ———————————– * #ポイ活 #副業 #お小遣い #ポイントサイト

めぐ⌘ズボラ家事クリエイターさん(@megumi.kakei)がシェアした投稿 –

2500以上のいいね、をいただきました!
ありがとうございます。

中学生の家庭学習の効果とは?

前回の記事では
「親の接し方次第で、子供のやる気に繋がる」
とお伝えさせていただきました。

それについてはこちらの記事をご覧ください。

中学生の成績を上げる親の心得5つ 〜 親が変われば子も変わる 〜

記事の通り、親の接し方を変える事で
子供のやる気を出すことは可能ですが
「それだけで学力が伸びる」という事でありません。
もちろん勉強方法も深く関わってきます。

という事で、今回は息子が

実際にどうやって勉強していたか?

という実践的な内容と
親がどのように ”サポートしたのか”  について
お話ししたいと思います。

なぜ、勉強ができないのか?

子供の能力というものは親が測れるものではなく
どんなお子さんも、大きな可能性を秘めています。

また、義務教育においては
本来きっちりと授業を受けていれば
テストの点数を取ることは難しい事ではありません。
(現役教師の方がおっしゃっていました)

では、なぜ点数が取れないのか?
それは

勉強の仕方が分からないから

勉強ができないとお悩みのお子さんは
ほとんどの場合、勉強方法が分からないだけで
勉強方法を改善すれば、間違いなく成績は良くなります。

では、実際に改善できることを
一つずつ進めていきましょう。

学校生活を改善しよう。

家庭学習を行っていく上で
お子さん本人に、必ずやってほしい事があります。

それは

「日々の学校生活を改善する」

これを行うだけでかなり成績に変化が現れますので
親御さんはお子さんをサポートしながら
一緒に実践してみてくださいね。

①学校の授業に集中し、授業中に理解できるようにする。

テストは必ず、学校の授業内容から出題されます。
これは間違いない事実で、授業を聞いていなければ
点数を取ることはできません。

先生の「ここは出るぞ~」は必ずと言っていいほど
出題され、ぼーっと授業を聞いている状態では
点数を取ることはできません。

また、内申点にもかなり響きますので
真面目に授業を受ける必要があります。

親のサポートポイント
学校での出来事や、学校での授業内容
勉強の進み具合などを話題に親子で会話をしましょう。
日々話すことで勉強以外の事以外にも、たくさんの事に気付く事ができます。

②授業で理解できなかった部分は理解できるまで先生に聞く。

もし授業で分からない部分が出てきたら
授業中、もしくは授業終了後にすぐに先生に聞きに行きましょう。

「恥ずかしい」「嫌だ」と思うかもしれませんが
目の前の問題から逃げない事が大切です。

理解できる事が最大のメリットですが
先生に聞くことで
「やる気がある子」というアピールもできます。
そうなった場合、先生はさらに目を掛けてくれますし
もちろん内申点にも響いてきます。

親のサポートポイント
お子さんが恥ずかしがって聞いてこない場合は
「できない事の方が恥ずかしくない?」と声掛けを。
きちんと先生に聞いてきたら、努力を褒めると共に
理解できた内容を説明もしてもらいましょう。

③教科書は最低3回は読む。

学校の教科書はとても優秀な教材です。
教科書に載っていない事はテストには出ません。

しっかりと最低3回は読みましょう。
覚えてしまうぐらい読めば、安心です。

親のサポートポイント
教科書を読めば、疑問への答えが必ずあります。
教科書の重要性をしっかり教えてあげましょう。

④学校の問題集、プリントなどを繰り返し解く。

学校から配られる問題集、プリントもとても優秀な教材です。
テストにおいても必ず、ここから出題されます。

ちなみに問題集は2回以上
繰り返して行うのが鉄則だそうです。(先生談)
提出物も必ず期限までに提出する事を忘れずに。

親のサポートポイント
問題集の答えは親が必ず預かっておく事。
余力があれば、答え合わせは一緒にやりましょう。

⑤先生とのコミュニケーションを大切に。

先生との関わりは学校生活では大切な事です。
嫌いな先生であっても、無礼な態度はしない事。
好きになる必要はありませんが
やらなければならないことをきっちりやりましょう。

また、テストの点数を取りたいのなら
作っている人に聞くのが一番!
「どこがたくさん出題されますか?」と
積極的に聞いてみましょう。
案外、ぽろっとヒントを出してくれます。

積極的に助けを求めてくる生徒に
先生は優しいものです。(例外もいるかもですが・・)

親のサポートポイント
先生とのコミュニケーションが大切だという事を
しっかり伝えておきましょう。
社会に出れば「嫌な人が上司になることもある」
と将来を見据えて話をするいい機会にもなります。

⑥Youtubeを上手に使う。

聞いてもどうしても分からない。
一度先生に聞いたけど、もう一度確認したい。
そんな時の最終手段として
Youtube を使うのもおすすめ。

我が家の息子たちはこちらをよく見ていました!
めちゃくちゃ分かりやすいです!
横で見ながら「なるほど」と親が頷いてしまうほど(笑


参考 ¥0で 学べ放題。塾チャンネル

はいちさんには本当に助けられました。
ありがとうございます!!

親のサポートポイント
Youtubeだからと敬遠せず、良いものはどんどん利用しましょう。
Youtubeも”使いよう”です。
子どもが横道に逸れないようにだけ注意しておきましょう(笑

⑦応用問題は市販問題集で補う。

応用問題は学校の課題だけでは正直足りません。

たくさんの例題を解くことで
配点の高い、応用問題もちゃんと解く事ができます。

親のサポートポイント
各学校に沿った内容の問題集を購入してあげましょう。
中古で揃えても良いですが、必ず答えがあるものを。
学校の課題と同じで、問題集の答えは親が必ず預かっておく事。
余力があれば、答え合わせは一緒に。

教科ごとに対策を考えよう。

「数学と英語は積み重ねの教科」と言われているそうですね。
私は最近まで知りませんでした(笑

勉強方法についてはド素人の親ですので
教科ごとに勉強の方法を、息子に教えてもらいました。

めぐ

どうやって勉強やってたん?

長男

一応、教科によってやり方があるんやで。

めぐ

へ~!どうやってやったか1教科ずつ教えてよ。

長男

ええで!
俺でもできたし、誰でもできることやで!

国語の勉強方法

国語は全ての教科の中で一番成績を上げるのが難しい教科。
何故ならば、はっきりとした「答え」がないから。
しかしながら、国語の成績が上がれば
他の教科も自ずと上がるので、ぜひ頑張ってほしい教科。

実践として・・

・毎日、読書をする。
・教科書の内容を何度も読んで理解しておく。
・定期的に自分で漢字テストをする。 

数学の勉強方法

数学は積み重ねの教科なので
分からなかった部分を放置しないようにしましょう。

実践として・・

・公式を完璧に覚える。
・計算問題をたくさん解く。
・文章問題を繰り返し解き、慣れる。

英語の勉強方法

数学と同様に積み重ねの教科。
文法を理解し、単語はできるだけたくさん覚えましょう。

実践として・・ 

・単語・熟語を覚える。
・文法を理解する。
・長文問題をたくさん読み、慣れる。
・教科書の英文を英訳、和訳できるようにしておく。

社会、理科の勉強方法

どちらも暗記科目と呼ばれるほど、ほぼ記憶がメインとなります。
大事なのは、内容に興味を持つこと。
そして覚えることを諦めないことです。

実践として・・ 

・学校からの問題集を繰り返しやる。
・教科書を繰り返し読む。
・歴史漫画、科学雑誌などを利用する。

 

どの教科もそんなこと?と思うかもしれませんが
これを日々、継続し続ける事が難しいもの。

継続することで、必ず結果に繋がりますので
ぜひ取り組んでみてください。

塾なし高校受験は可能。

塾なしでも大丈夫!
と聞いて、そんなこと本当に可能なの?
と思うかもしれませんが

2年生までテストで
30~40点 しか取る事しか出来なかった息子が
日々、このような地道な努力を積み重ねることで
難関校ではないものの、希望の高校に入ることができました。

結論から言えば

難関校でなければ
塾に通わないで受験合格は可能です。

もし、難関校を狙っているお子さんであれば
上記の内容は「当然のこと」だと思いますので
さらに塾に通って、学力を向上させてあげてください。

普通の高校でも良いから
できるだけ努力して上を目指したい。
もしくは、目指してほしい。
という方にはこちらの記事は参考にしていただけるかと思います。

親のサポートの大切さ。

前回の記事で親の子どもへの接し方。
今回は実践的な部分に触れてお伝えしてきました。

どちらについても

主役は子どもである事。

お子さん自身が行動しなければ、何も変わらない事は確か。
親は少しの手助けをすることしかできません。

しかしながら、親からのこの「少しの手助け」は
親からのお子さんへの
「愛のメッセージ」でもあります。

子どもが成長する上で
それらは、本当に心強いものとなるでしょう。

全部を行う必要はありません。
できる事からコツコツ、一つずつやってみましょう。

中学生におすすめの問題集

長男が実際に使っていた問題集をご紹介。

どちらのシリーズも問題数が多く繰り返し解くのに適しています。
学校の教科書にあった内容ですので、出版会社をご確認ください。

以下、英語ばかりを並べましたが各教科ございます。
副教科などもありますので、期末テスト対策にも。

ズバリシリーズ

攻略本シリーズ

高校入試が近づいてきたら、高校入試に特化した問題集や
受ける地域の過去問題にも早めに取り組みましょう。

10日間完成シリーズ

塾なしが心配な方には
「進研ゼミ中学生講座」がおすすめです。

▼以下から資料請求できます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です